読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだかバタバタ仕事して、娘が発熱して、下痢が治んなくて、半日保育で、合間に仕事して、土曜日の母子3人の過ごし方に悩んで、O林が忙しくて…という日々で7月が終わった。

なんかもう7月半ば過ぎは疲れに疲れてなんとか1日乗り切るという感じだったわ…

そして日々反抗を繰り返すチビ。波はあるけど、娘が動き回り,自己主張が強くなってきたので、余計に「母ちゃん取られてる感」を感じるらしく、まーなにをするにもかあちゃんにこだわる。つかれる…。

男子の(というかうちのチビの?)ねっとりとした母ちゃん愛が苦手なわたし…。苦手だから求めてくるんだよね〜〜わかっちゃいるけど、努力しているけど、なかなか大変す。ここであんまり拒否しちゃあ将来にかかわるかもれん!とかおもいつつ。

「息子がかわいくてかわいくて恋人みたいな感覚」ていうのはまーったくわからん!

「相棒」みたいな感覚はあるかな。

第1子が娘だったらどうだったんだろう?

そもそも男子というものにまったく共感できない(つーか偏見なんだろうなそれも)からなのか。

まあ、おもしろいし、愛しているという前提ではあるんだけど。

いろいろこうしたほうがいいああいたほうがいいという情報はあるけど、この自分でしか子育てできないからやれることをやってやるしかないんだけれど。

ふう。